東証一部指定替狙いの基礎知識

東証一部指定替狙いの基礎知識

東証一部指定替えは、予め知ることが出来ればかなりの確率で利益を売ることが出来ます。指定替えのルールを抑えていくことで、ある程度銘柄を絞り込んでいくことができます。基本事項と思われる項目をまとめていくペーシです。

マザーズ・東証2部などからの東証一部指定替え

申請から承認までかかる日数 標準審査期間

 

東証マザーズ・東証二部などから東証一部指定となる目安となる期間は、標準審査期間と呼ばれています。標準審査期間の目安は、3ヶ月です。たまに、企業より「東証一部への指定替えの申請を●月●日に行いました」という趣旨の発表があるのですが、そういった場合の承認・否認確定時期目安が3ヶ月ということになります。

 

参考ファイル:市場二部から一部への指定について

値動きについて

日々の値動きについて気づいた点をメモにしてまとめていきます。一時的な傾向かもしれないのでご注意くださいませ。

 

立会外分売銘柄について

 

同時期に立会外分売をした銘柄は、暫く似たような値動きをする傾向にある気がします。

 

二部株とマザーズなど新興市場株の値動きについて

 

二部株もマザーズも将来の一部昇格予備軍として売買対象としています。

 

両方の値動きをみていて値動きの違いを感じることがよくあります。

 

  • 二部株:値動きがゆったりしていて変動が少な目
  • マザーズなどそのほかの新興市場株:短期で大きく動く銘柄が多い。

 

ブログランキング参加中


株式トップ 米国株 新興市場