FXで練習して株式投資に活かす

FXで練習して株式投資に活かす

株式投資よりもFXの方が儲け易い環境が続いています。こういう時期は、まず簡単な方で練習しておくのが良いでしょう。

 

FXで堅実に資産を増やすのが最初のステップ

 

去年から「亀仙人投資術」実践者からの感謝のメールを沢山頂きました。あまりに簡単すぎる部分もあるので、「こんなショボイのやってられるか」と投げ出す方もいるのですが、きっちりやって頂いている方は「堅実に資産を増やしていく喜び」をもてるようになっているようです。

 

その調子でいきましょうね。

 

レバレッジを上げるのは全体になれてからにして下さいね。

 

勿論、それは「場帖」「グラフ」を準備する事が前提です。

 

場帖やグラフを記入し始めても毎日やる事は1分程度ですので、手間はかからないはずです。少しづつ「値の受け止め」が出来るようになって利益も増えていくでしょう。

 

今の時期はFXでしっかり資産を増やしていきましょう。

 

恵まれたFX環境を活かして未来に繋げる

 

公平にみて、今のFX投資は「儲け易い投資商品の一つ」だと感じています。こういう投資環境は、初心者の方が余裕をもって基礎を身に着けるのにも最適です。

 

少しづつ技術を磨きながらステップアップしていきましょう。高いスワップ金利があるうちは、投資家が勝ちやすい環境でもありますので、それを利用して資産を増やしていきましょう。

 

「技術を磨きながら資産も増やす」

 

今の環境であれば、どなたにもそれが可能です。

 

そして、いずれ「スワップ金利が無くなる時代」に備えておけばよいでしょう。

 

日本の金利が本格的に上昇し始めるときがくれば「スワップ金利」は少なくなり、今のように気楽に誰でもFXで儲かる時代は終わりを告げます。

 

でも、私のメルマガ読者は心配は要りません。

 

きっちり技術を磨いてさえおけば、その運用力を使って他の投資分野で儲ければよいだけです。

 

「計画的に一生涯使える技術を身に着けていく」

 

これが出来れば、日本が今後激動の時代に入っていっても読者の皆さんはお金に困って暮らしていくような状況に陥らずにすむ可能性は高くなります。

 

正直言って日本がそうなるまでに時間はそれほど無いと思います。

 

まあ、その頃には、今回の連載で紹介した私の株式投資での運用法もある程度完成しているはずです。今までと同様、ある程度形になれば、それを皆さんにメルマガなどで説明していくことにしています。

 

だから、心配は要りません。

 

「えっ、FXと違って株や先物は怖い?」

 

そういう人もいるかもしれません。

 

でも、それは実は「大きな誤解」です。

 

セミプロやプロの間で投資商品の中で一番難しいといわれているのは「FX=為替運用」なんです。皆さんは、その一番難しいといわれている投資商品に既に取り組んでいるのです。

 

今は珍しく「儲かり易い環境」がFXには揃っています。でも、これもいつまで続くかはわかりません。だから、・・・後で株式投資に移ったときなどは・・・

 

「なんて簡単なんだ」

 

なんて感じるかもしれません。

 

あっ・・・でも、これも忘れないで下さい。

 

「FXも株でも成功のコツは同じ」
「だから、FXで成功しないうちは株でもなかなか成功できない」

 

だから、今は株式投資を始めてはいけません。
儲かり易い環境のFXできっちり儲けていきましょう。

 

私も暫くはFX中心でいきます。

 

一緒に利益を積み上げていきましょう。

 

まとめ

 

「恵まれたFX環境を活かして未来に繋げる」

 

今のFXの環境を活かし技術を磨いていきましょう。そうしておけば、株でも商品でも利益を出していけるだけの力が身についていきます。どんな時代が来てもお金では苦しまないで済むようにしたいものですね。

株式投資版 亀仙人投資術 目次

関連ページ

株式投資版 亀仙人投資術
株式投資版 亀仙人投資術です
FXを株式投資に応用して運用中
FXを株式投資に応用して運用中
サヤすべり取りとは何か
サヤすべり取りとは何か
FXでがっちり儲けるのが今は大切
FXでがっちり儲けるのが今は大切
銘柄選びで大切な事 |株式投資初心者 登竜門
銘柄選びで大切な事 |株式投資初心者 登竜門
一銘柄専門はなぜ儲かりやすいのか
一銘柄専門はなぜ儲かりやすいのか
豪ドルと京成電鉄の共通点
豪ドルと京成電鉄の共通点
FXと株式投資 買い方の違い |株式投資初心者 登竜門
FXと株式投資 買い方の違い |株式投資初心者 登竜門
FXでも株式投資でも使えるうねり取り
FXでも株式投資でも使えるうねり取り